(C05) 『金剛般若経』を読む

谷口 富士夫(たにぐち ふじお)

名古屋女子大学教授

◆レベル 初級
◆土曜 13:30~15:00   全8回
 5/23、6/20(※6/27より変更)、7/18、9/26、10/17、11/14、12/5
 2021年1/23
◆東別院会館*
◆受講料 ¥10,000

現在では『般若心経』の人気にかすみがちですが、日本を含むアジア各地で『金剛般若経』も古くから人気のある経典でした。本講座では、『金剛般若経』のタイトルと成立、インド・チベット・中国・日本などでの受容のありさまなどを概観し、経の本文を読むことによって『金剛般若経』に説かれた思想の魅力をさぐります。テキストは羅什訳を中心に読みますが、原語で読みたい方がいらっしゃる場合にはサンスクリット、さらにはチベット語訳も対照する予定です。

【テキスト】
・中村元・紀野一義『般若心経・金剛般若経』岩波文庫(ご自身で入手しておいてください。)
・サンスクリット原文やチベット語訳のテキストを必要とする方には、授業時に資料を配付します。

【参考書】
・講義内で紹介します。