(K02) 女性と仏教

(K02) 女性と仏教

龍口 恭子(たつぐち きょうこ)

元龍谷大学講師

◆レベル 初級
◆第1火曜 13:30~15:30
◆初講 2018 年5 月1 日(火)全6回
◆講師自宅(京都府京都市)
◆受講料 ¥10,000

中国伝来の念仏信仰は日本人に浄土の存在を知らしめ、現当二世を豊かに生きる道を指し示した。仏教は本来出家者中心の教えであるが、在家者も悟れる大乗仏教という思想が生まれ、男女によって差別されることはなかった。日本に入った当初、女性の存在も尊ばれたのであるが、次第に世俗の倫理観に押され、女性は三毒の煩悩にけがれたものとされていった。本講座では「女性が念仏をよろこぶ姿」を文献上に見出し、念仏信仰の実態を見ていきたい。

【テキスト】
・龍口恭子『女人念仏風土記』探究社
【参考書】
・講義内で紹介します。