(T08) 仏教論理学入門

(T08) 仏教論理学入門

林 慶仁(はやし けいじん)

(公財)中村元東方研究所専任研究員

◆レベル 初級
◆水曜 12:40~14:10
◆初講 2018 年4 月18 日(水)全25-27回
◆東京本校 402号室
◆受講料 ¥40,000

インドで発生・発展した仏教の論理学を初歩より学んでゆきます。仏教論理学は思考の過程が重要であり、結論を急ぐものではありません。内容としては、仏教が規範師であることの証明、輪廻の論証、刹那滅の論証など、仏教の宗教哲学のものですが、これらをいかに考察したかを考えてゆきます。
仏教論理学の大成者ダルマキールティのテキストをサンスクリット語で理解する必要があれば、テキストを読んで参ります。

【テキスト】
・シリーズ大乗仏教(9)『認識論と論理学』春秋社、2012 ほか
【参考書】
・桂紹隆『インド人の論理学』 中公新書、1998