(T11) 東南アジアの宗教・歴史・文化

(T11) 東南アジアの宗教・歴史・文化

奈良 修一(なら しゅういち)

(公財)中村元東方研究所専任研究員

◆レベル 初級
◆木曜 16:40~18:10
◆初講 2018 年4 月19 日(木)全25-27 回
◆東京本校 401号室
◆受講料 ¥40,000

東南アジアと言われる地域は、中国文明とインド文明の狭間にあり、交易を中心とする国家を成立してきた歴史があります。また、その土地の文化の上にインド宗教文化などを受容し、それをその土地のものとして変容してきました。日本との関わりも深いこの地域ではありますが、その宗教・歴史・文化はあまり知られていません。本講義では、この地域の歴史を概観すると共に、受容してきた文化も考察していきます。

【テキスト】
・教室でご案内いたします。
【参考書】
・石井米雄他『東南アジア史』(全9 巻・別巻1)岩波書店、2001