(T28) 親鸞の生涯と思想

(T28) 親鸞の生涯と思想

常磐井 慈裕(ときわい やすひろ)

(公財)中村元東方研究所専任研究員

◆レベル 初級
◆第2・4金曜を基本とし、適宜変更致します。12:50~14:50
◆初講 2018 年4 月27 日(金)全14 〜15 回
◆東京本校 402号室
◆受講料 ¥20,000

親鸞は、日本仏教史上最も有名な僧侶であり、日本人に最も人気のある僧侶だといっても差し支えあるまい。しかしながら、在世中には全く無名な人物であり、このような評価は近世、あるいは近代以降に形成されたものと見て良いであろう。そのため、親鸞の私生活、実体験など殆ど不明なままである。信仰や思想信条が明確にされるのとは正反対である。このような相克をいかに捉えるべきであろうか。固定概念を払拭して、新たな親鸞像を模索すべく、考えてみたい。

【テキスト】
※第一回講義時にテキストを提示し、その後書店等で各自購入。
【参考書】
・講義内で紹介。