(T29) 聖徳太子の思想─仏教との関わりから─

(T29) 聖徳太子の思想─仏教との関わりから─

藤井 教公(ふじい きょうこう)

国際仏教学大学院大学教授

◆レベル 初級
◆金曜 11:00~14:30
◆初講 2018 年4 月27 日(金)全12 回(隔週)
◆東京本校 401号室
◆受講料 ¥40,000

親鸞は聖徳太子を「和国の教主」、すなわち日本の仏と讃えているが、太子の思想は仏教と深く関わっている。「十七条憲法」や太子撰とされる三経義疏などを見ても、その中に太子の一貫した仏教思想を読み取ることができる。本講は、『法王帝説』『聖徳太子伝暦』などの太子の伝記や『日本書記』などの史書、三経義疏などの資料を適宜使用しながら、まず太子の事績を検討し、ついで太子の思想について仏教思想を中心に考えていきたい。

【テキスト】
・第一回授業時にご案内します。
【参考書】
・講義内で紹介。