(T47) 南インド古典音楽 -ヴィーナーの演奏法を中心として-

(T47) 南インド古典音楽 -ヴィーナーの演奏法を中心として-

的場 裕子(まとば ゆうこ)

ヴィーナー奏者 日本女子体育大学名誉教授

◆レベル 初級~上級
◆土曜 14:00~15:30
◆初講 2018 年4 月21 日(土)全25-27回
◆吉祥寺稽古場(※教室案内参照)
◆受講料 ¥40,000

ヴィーナー(弦楽器)の実習を中心として、基礎となる声楽曲についても併せて学びます。ラーガ(音階)とターラ(拍子)の理論に基づいた南インド古典音楽は伝統を保持しつつも創造性が要求され、インド人の論理的で柔軟な考え方が反映されています。現地録音などの資料により様々な演奏例を比較しながら理解します。
皆様のご希望や進度に合わせて個人指導も行っていますので、初めてという方も受講できます。曜日や時間の変更も可能です。

【テキスト】
・プリントを配付いたします。
【参考書】
・『民族音楽概論』東京書籍、1998
【その他】
・ヴィーナー弦、付爪2個、計500 円以下