沿革

沿革(抜粋。役職等は当時。敬称等略)
1912年 大正元年 11月28日、島根県松江市に中村元誕生
1968年 昭和43年 『佛教語大辞典』編纂のため「東方研究会」を組織
1970年 昭和45年 「財団法人 東方研究会(現、公益財団法人中村元東方研究所)」創立
初代理事長 中村元 将来開設される「東方学院」の母体となる
1973年 昭和48年 神田明神に隣接した「明宏ビル」にて「東方学院」設立
初代学院長 中村元
1975年 昭和50年 『佛教語大辞典』刊行(毎日出版文化賞)、仏教伝道文化賞受賞(中村元)
1979年 昭和54年 「東方学術賞」開始(現「中村元東方学術賞)
1981年 昭和56年 日本育英会法施行令第19 条第三項第7 号による試験所または研究所として指定を受ける
1983年 昭和58年 東方研究所・東方学院事務所が神田明神横の共和ホームズビルに移転
東方学院 関西教室・名古屋教室開設
1985年 昭和60年 『東方』創刊
1999年 平成11年 10月10日、初代理事長・東方学院長 中村元逝去
第2代理事長 中村洛子、第2代学院長 三枝充悳
2000年 平成12年 所得税法施行令217条第1項第2号及び法人税法施行令
第77条第1項第2号に掲げる「特定公益増進法人東方研究会」へ
2007年 平成19年 第3代理事長・東方学院長 前田專學(1931-)
中村洛子 終身名誉理事長
2012年 平成24年 中村元生誕100周年、中村元記念館創設(島根県松江市)、東方学院松江校開設
「公益財団法人 中村元東方研究所」認可
2013年 平成25年 三木純子理事寄贈 東方学院院歌「慈しみ」発表

 


「東方研究会」昭和43年発足の元となった
『佛教語大辞典』の改訂版(平成13年刊)