(C01) 仏教文献講読:『倶舎論』「世間品」を読む

福田 琢(ふくだ たくみ)
同朋大学教授

古来より、宗派を問わず仏教学の基礎とされてきた『阿毘達磨倶舎論』の第3章「世間品」をテキストに須弥山(しゅみせん)世界を中心とするインド仏教の世界観がどのように形成されていったのかを訊ねます。サンスクリット原典ではなく、最も親しまれた訳(玄奘の漢訳に基づく国訳)を利用して、初心者の便をはかりますが、主要な仏教用語や概念についてはサンスクリットの語源から説明します。

(C02) 原始仏教の思想

服部 育郎(はっとり いくろう)
(公財)中村元東方研究所専任研究員

仏弟子は、大きく出家者と在家者にわけることができる、原始仏教聖典を資料に、在家と出家の相違について考え、その上で、特に在家信者に対して説かれたであろう教えを中心に学びたい。それは仏典の所説を現在の私たちが、いかに生かしていくべきかという重要な課題を考えることにもなる。なお、必要であれば原典(パーリ語、対応する漢訳)も確認しながら講義を進める予定である。

(C03) 仏伝に見る釈尊物語

宇治谷 顕(うじたに あきら)
名古屋音楽大学名誉教授

年6 回、2 年間12 回にわたり釈尊生涯の事跡について、仏伝に記される内容を中心に現今迄の考古学・歴史学の発見等を参考にして解説する。仏伝はその成立史上2部に分けられる。1部は釈尊出家までの事跡を記し、前世の物語を含む。2 部は成道以降の事跡を記し、入滅その後の葬儀、結集までを含んでいる。『律蔵』の「受戒犍度」の記述と関連する2 部、1部は僧伽における伝承が起因して成立したと考えられる。今年は2年目になり、正覚後の説法教化からはじまる。

(C04) 浄土三部経を読む

武田 龍(たけだ りゅう)
同朋大学仏教文化研究所客員所員

大乗仏教では理想の修行の場として浄土が構想され、浄土への往生が濁世からの救済と考えられるようになりました。原始仏教の知識に基づいて浄土三部経を読みます。既に無量寿経を読み了え、今年は観無量寿経と阿弥陀経を読みます。

(C06) チベットの宗教と歴史

谷口 富士夫(たにぐち ふじお)
名古屋女子大学教授

仏教を中心に、チベットの宗教とインドの宗教思想との関わり、モンゴルや中国との歴史的(政治的)関わりについて概観します。チベット仏教には8 世紀以降のインド大乗仏教の後継者としての側面があります。チベットにおける有力な宗派がインド仏教をどのように受け入れてきたか、また、モンゴルや中国との関係のなかで活仏制度がどのように確立されていったか、などについて基本的なことがらから学んでいきます。