(C01) 仏教文献講読:『摂大乗論釈』を読む

福田 琢(ふくだ たくみ)
同朋大学教授

【仏教文献講読『摂大乗論釈』を読む:第2月曜15:00-16:30】瑜伽行派の実質的な祖師、アサンガ(無著)の『摂大乗論』(五世紀)は、唯識思想に基づいて大乗仏教の全容を組織的に論述した教義書です。この講座はこのテキストを、弟のヴァスバンドゥ(世親)による註釈と併せて読み進みます。

(C02) 原始仏教の思想

服部 育郎(はっとり いくろう)
(公財)中村元東方研究所専任研究員

【原始仏教の思想:第2火曜13:30-15:00】原始仏教の思想について、成立が古くかつ重要な仏典『スッタニパータ』を中心資料に用いながら考える。経典の文章をていねいに読みながら、説かれた背景なども顧慮し、必要に応じてパーリ語原典の説明も加えて学んでいきたい。

(C03) 浄土三部経を読む

武田 龍(たけだ りゅう)
同朋大学仏教文化研究所客員所員

【浄土三部経を読む:第3水曜 15:00-16:30】大乗仏教では理想の修行の場として浄土が構想され、浄土への往生が濁世からの救済と考えられるようになりました。今年は中国仏教徒の経典観を考慮しつつ、もう一度浄土三部経を読みます。

(C04) ボロブドゥール寺院の第一回廊主壁レリーフに見る釈尊物語

宇治谷 顕(うじたに あきら)
名古屋音楽大学名誉教授

【ボロブドゥール寺院の第一回廊主壁レリーフに見る釈尊物語:木曜14:00-15:30】インドネシアのジャワ島中原には仏教遺跡・ボロブドゥール寺院が残存する。このボロブドゥール寺院の第一回廊主壁レリーフには、120面の仏伝図が描かれており、『方広大荘厳経(ラリタ・ヴィスタラ)』を主題としている。本講座はこのレリーフを題材とし、『方広大荘厳経』と読み合わせながら、釈尊の生涯を解説する。

(C05) 『金剛般若経』を読む

谷口 富士夫(たにぐち ふじお)
名古屋女子大学教授

【『金剛般若経』を読む:土曜14:00-15:30】本講座では、『金剛般若経』のタイトルと成立、インド・チベット・中国・日本などでの受容のありさまなどに触れながら、経の本文を読むことによって『金剛般若経』に説かれた思想の魅力をさぐります。