(K13) パーリ語入門

平木 光二(ひらき こうじ)
近畿大学講師

パーリ語で書かれたテキストを講読しながら文法事項などについてご説明します。
パーリ語が初めての方でも、独力でパーリ語が読めるようにご指導いたします。
水野弘元『パーリ語辞典』春秋社をご用意しておいてください。

(K14) サンスクリット語講読

茨田 通俊(まんだ みちとし)
(公財)中村元東方研究所専任研究員

親しみ易い物語を読み進めながら、サンスクリット語の読解力をさらに高めることを目的とします。本年度は『カターサリットサーガラ』と『マヌ法典』を読み進めます。サンスクリット語文法を習得済みの方の受講を勧めます。辞書と文法書を駆使して文献を読みながら、既得した文法事項の知識を確かなものとし、同時に古代インドの生活や文化にも触れつつ、サンスクリット語原典の醍醐味を味わいます。

(K15) サンスクリット語入門

茨田 通俊(まんだ みちとし)
(公財)中村元東方研究所専任研究員

初心者を対象に、「サンスクリット語初級」と合わせて2年間の予定で、サンスクリット語文法の基礎を学びます。サンスクリット語は多くの言語の中で最も難解とされていますが、真面目にコツコツと学び続ければ、必ず習得は可能です。ここでは、サンスクリット語を基本から理解することを目的とします。まずデーヴァナーガリー文字を学習し、連声法や複雑な文法事項に習熟する中で、次第にサンスクリット語の世界に魅了されることでしょう。

(K16) サンスクリット語初級

茨田 通俊(まんだ みちとし)
(公財)中村元東方研究所専任研究員

前年度開講の「サンスクリット語入門」の続講。未履修の文法事項の習得と、サンスクリット語にさらに慣れ親しむことを目的とします。文法の解説に沿った練習問題を繰り返すことで、読解の力は確実に身に付いていきます。そしてサンスクリット語文法をマスターすることで、仏典やインドの哲学書、文学作品を原典で読むことができるようになります。本講座を終えた時、翻訳では決して味わえない世界が待っているはずです。