(K09) パーリ語中級

平木 光二(ひらき こうじ)
近畿大学講師

この講座では、散文だけでなく、韻文にも親しんでいただくため、韻文経典と史書の読解・講読を並行しながら授業を進めることにします。韻文経典に関しては、どの経典を講読するかは相談の上で決めさせていただきますが、どの経典であれ韻文を読むには韻律(Metre)の知識が多少なりとも必要となります。ですから、授業では仏教術語や思想の説明とともに韻律についてもご説明します。散文テキストとしましては、『サーサナヴァンサ』を講読します。本書はスリランカとビルマのあいだの上座仏教の交流について記した史書です。

(K10) パーリ語入門

平木 光二(ひらき こうじ)
近畿大学講師

この講座は、パーリ語が初めての方や一度学んだことがあるがもう一度学び直したい方を対象とした入門講座です。取りあげるテキストは、欧米の子どもたちに人気があるHenny Pennyのお話しの元ネタである「物音前生物語」(No.322)というジャータカやその他のジャータカを予定しています。それらの物語を訳しながら、文法事項についてもご説明します。辞書を片手に自力でパーリ語を読めるようになることを目標とします。