(T26) 初級チベット語入門

石川 巌(いしかわ いわお)
(公財)中村元東方研究所専任研究員

文法など、チベット文献を読解するための基礎を養成します。前期にチベット語の正書法と発音の関係を講じ、後期に文語文法を講じます。チベット文を音読し、翻訳できるよう実践的な指導を心がけたいと思います。また研究会員の要望があれば、できるだけそれを授業に反映させるようにしたいと考えています。

(T28) インド哲学の原典を読む

有賀 弘紀(あるが こうき)
(公財)中村元東方研究所専任研究員

インド哲学の原典を講読いたします。取り上げるテキストはヴェーダーンタ学派の初期文献『マーンドゥーキャ頌』です。インド哲学史上最も偉大とされるシャンカラの師の師ガウダパーダの作とされ、内容的には他の哲学学派や仏教思想との関係が注目されるものです。
『ヴェーダンタ哲学の発展』(中村元博士著)に翻訳研究がありますので、参照いたします。

(T29) サンスクリット語中級(2)

有賀 弘紀(あるが こうき)
(公財)中村元東方研究所専任研究員

インド文学史でもっとも著名な詩人カーリダーサの『ラグ・ヴァンシャ』を、第16章から読み進めます。また、サンスクリット語の理解を深めるため、インド文法学のテキストの講読を並行して行います。 詳細については、最初の講義で相談したいと思います。

(T31) パーリ語文献講読

林 隆嗣(はやし たかつぐ)
こども教育宝仙大学教授

『ジャータカ註』で語られる仏伝を講読します。これから読む物語は、釈尊が悪魔(マーラ)を退けて悟りに達するという仏伝のクライマックス、「降魔成道」の場面へと進んでいきます。翻訳では味わえない原典の持つ雰囲気や味わいを理解しながら授業を進めますが、そのスピードやレベルは受講者次第です。

(T34) チベット語原典に親しむ

石川 巌(いしかわ いわお)
(公財)中村元東方研究所専任研究員

チベット語の文法を学んだばかりの初学者のための古典チベット語講読の授業です。古典チベット語の文献は、ほとんど仏教文献ばかりですので、内容的に難しいですが、基礎的な文法事項などを丁寧に解説しながらゆっくり読み進め、初学者が古典チベット語のテキストを適切に翻訳できるようになることを目標とします。チベット語の初歩を学んだ方の受講が望ましいですが、初めての方でも参加できます。